陶器1ランプシェード制作手順

陶器のランプシェードの作り方

(ここでは陶器ランプシェード『12時のシンデレラ』の作り方をご紹介します)

ろくろで元の形を作り削りの作業

2陶器のランプシェード作り方

表面にデザインを下書きする。肉付けする時もある。

立体物に絵画を入れる作業は技術や、経験を必要とする。

3陶器のランプシェードの作り方

手製のポンスで一個一個手彫りする。数千個になる時もある

乾きすぎに注意気が遠くなるほど根気のいる作業になる。

12時のシンデレラの裏面はシンデレラを迎えにカボチャの馬車が駆けつけます。

乾燥したら素焼き2日後に窯出し、その後数10種類の釉薬を漉してコンプレッサーで掛け分ける。

釉薬がかかってはいけない所には細かいマスキングを施す。

緻密で繊細な時間のかかる作業になる。

その後窯詰、本焼きをする。

数日して十分温度が下がったら、窯から出しハゼなど出ていたらペーパーをかけて滑らかにする。

陶器ランプシェード『12時のシンデレラ』上は裏面です

陶器ランプシェードの作り方 動画解説