やす波窯

作品の特徴(やす波窯へようこそ)

やす波窯の陶器ランプシェード流川桜慕情の画像

やす波作品の特徴は2つあります。

① 二千以上の光が織りなす陶器ランプ

陶器ランプの大きさによりますが、多いもので2000~数千個の穴を開けています。この多数の穴からの光は、  レースを通したような雰囲気が、たとえようのない美しい無数の繊細な光が、辺り一面を包んでくれます。

極々小さい穴は、一個一個手彫りします。小さい穴は薄い生地しか光を通さないので、生地の薄造りは穴を   開ける時にかなりのリスクがあるので慎重に丁寧に時間をかけて制作しています

②表面には美しい絵画

陶器ランプには縁起の良い美しい絵画を描いています。中の電球のカラーを変えても違った雰囲気が面白いし、 又電気を点けても消しても美しい絵画が楽しめるという特徴があります。

この特徴から贈り物にも大変喜びのお声を頂きます。 和室にも洋間のリビングや寝室のテーブルランプとして おしゃれな照明にほっこりしていただきたいと思います。